総量規制は利用者を守るためのもの

年収の三分の一以上のお金を借りることができないという総量規制を、厄介な決まりだと思っている人は少なくないでしょう。欲しいだけのお金を借りることすらできないというのは、本当に困っているときに役にたたず、総量規制などという決まりがあるせいでという思考に、流れてしまうのは仕方のないことかもしれません。

 

しかし総量規制は多くの借金を抱えてしまわないための、借り入れを行う側としてもメリットのある決まりだということも忘れてはいけません。借りる側を規制するだけではなく、同時に貸す側にも貸し過ぎないようにと働きかけているのだということを、意識してみれば見方が変わるはずです。

 

よくない消費者金融といわれる闇金は、この総量規制の対象外だとして、年収の三分の一以上の容易に返済できない額を貸せると誘ってきます。困っているときには天の助けにも見えてしまうかもしれませんが、それはお得な裏技や攻略法などではなく、闇金の法の抜け道を利用した正等ではない手段です。

 

総量規制対象外という中には、信頼できる存在の銀行カーローンなどもあります。安易にいい手段だと飛びつかずに、本当にそれは自分にとってメリットなのか良く考えて、闇金の手管に騙されないように気をつけてください。
闇金融は専門サイトで解決